cherry-site

相談予約受付 平日 10:00〜18:00

電話0877-85-3825

TOP

ごあいさつ

 近年、サクラサイト(サクラを用いた出会い系サイト)詐欺被害がマスコミに取り上げられるなどして世間の注目を浴びています。なかには刑事事件として立件されて、組織的詐欺として、主宰者はもちろんのこと、これに従属的に関与したアルバイトなどを含め、厳しい刑罰が科された事件もありました。
 サクラサイト被害については弁護士が関与して被害者救済を図ることが求められますが、こういった被害は弁護士なら誰でも取り扱えるという案件ではありません。というもの、サクラサイトによる騙しの手法は日々変化しており、かかる変化に柔軟に対応していく必要がありますし、また、サクラサイトは決済代行会社や電子マネー運営会社等も巻き込んで詐欺を行っており、これら決済システムに関する知識・理解がないと被害回復はおぼつかないからです。

 一方、インターネットで検索すれば、サクラサイトによる被害回復を標榜する弁護士、NPO法人、探偵業者等のホームページが多数見つかります。しかし、これらの業者等に安心して被害回復を任せられるかいうと必ずしもそうではなく、被害回復を装った詐欺と考えられるものも存在します。そもそも、NPO法人や探偵業者がサクラサイトに対する返金請求を他人から請け負って業務として行うことは法律で禁止されていますし、弁護士なら安心できるかというと(残念ながら)そうとは言えず、詐欺的投資業者の代理人として積極的に活動していた弁護士がサクラサイト被害に関するホームページを運営していたという例もあります。

 こういった現状を踏まえ、サクラを用いた出会い系サイトの被害者が安心して相談・依頼できる窓口を作ろうと、香川県弁護士会に所属する弁護士有志がサクラサイト被害者のための弁護団を設立しました。

サクラサイトの手口

 広告、迷惑メール、SNS、LINE等を利用して巧みに自分が運営している出会い系サイトに誘導し、「自分は芸能人のマネージャーだが、芸能人が落ち込んでいるので励ましてあげて欲しい。」「莫大な遺産が手に入った。使い切れないので受け取って欲しい。」「報酬を支払うのでセックスしてくれませんか。」等と騙して、メールのやりとり等を行うための有料のポイントを消費させるというのが典型的な手口です。
 これら騙しの文言を後から冷静になって考えれば、おかしいことに気がつきそうですが、世界中の不特定多数人間とのコミュニケーションが可能なインターネットを利用していることから、「こういうこともあるのかも」と思ってしまうようです。インターネットならではの騙しのテクニックと言えるでしょう。
 香川県内でも数千万円のサクラサイト被害に遭った方がおり、当弁護団の弁護士が被害回復にあたっています。

お知らせ

2016.4.19   新弁護団長に石井研也弁護士が就任しました。
2013.6.22   サクラサイト被害対策香川弁護団ホームページができました。